髪に悪い飲み物とは

それはコーヒー・アルコールです。

 

 

えー飲んじゃいけないの???

っておもいましたよね

 

飲んではダメではなくて

のみ過ぎては良くないですよ、という意味です。

 

 

コーヒー

 

コーヒー飲みすぎは

カフェインが交感神経を刺激して

血液の循環を悪くしてしまう効果があります。

血流が悪くなると髪や頭皮に行く栄養が

少なくなってしまいますよね。

 

そうすると、髪が細くなってしまったり

コシがなくなってしまったり・・・・

色々と良くないことが起こりやすくなります。

 

ただ一日1杯コーヒーは

がん予防になりますので一概に悪いとは言えません

悪いのは1日3杯4杯など飲みすぎてしまうことですね。

なのでなるべくコーヒーは

一日1杯を目安にしてみてくださいね

 

アルコール

 

アルコールや炭酸飲料の飲みすぎは

栄養分の吸収を阻害してしまう傾向があります。

 

栄養が体に吸収を阻害してしまう傾向があります。

栄養は体に吸収されなければ

血液にもいきませんよね。

 

なので、アルコール、炭酸飲料も

ほどほどにしてあげましょう。

 

髪に良い飲みものはないの?

と思いましたよね。

 

もちろんあります。

 

それは・・・・・・・

 

 

 

ココア

ココアの良いところは

タンパク質以外の髪に必要な栄養素が

ほとんど含まれているところです。

 

 

髪の万能飲料なんですね。

 

ちなみにタンパク質は

髪の80%~90%をしめています。

 

そして、残りの10%~20%は

 

 

このミネラル成分を多く含むのが

ココアの主成分のカカオ豆なのです。

髪に必要なミネラル成分である

亜鉛、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム

そして銅も豊富に含まれます。

 

 

こういうミネラル成分を意識して飲むのは

とても難しいことですよね。

 

これが、ココアを飲めば

解決

してしまいます。

しかも、ココアのカフェインは

コーヒーの20分の1から40分の1しか

含まれていませんので安心して飲めるのもよいところです。

もちろんこれも、飲み過ぎても

特別効果を発揮するわけではありませんので

1日1杯程度がオススメです。

 

何か飲もうか迷った時は、ココアを

 

髪をよくしたい人は

是非実践してみてくださいね。