しっかり髪を乾かすことの大切さ

髪を洗ったら、後は自然乾燥という方も多いのではないでしょうか?
髪を乾かす作業は髪をキレイにするためにとっても大切な事なのです。

乾かさないと髪はどうなる?

髪を乾かさないとキューティクルが半開きの状態になり、髪の中の栄養分や水分が流出しやすくなります。
それが乾燥やパサツキの原因になるのです。
また、キューティクルが半開きだとキューティクル同士が引っかかり、絡まりやすくなります。
最終的に、キューティクルが剥がれ、キシキシジリジリした髪になってしまいます。
しかも、剥がれてしまったキューティクルの修復は、現代の毛髪化学では、ほぼ修復不可能と言われています。
そのため、そうならないようにしっかり髪を乾かすことが大切なのです。
それに、髪をしっかり乾かすことにはたくさんのメリットがあります。

髪を乾かすメリットその1:寝ぐせの改善

「毎朝の寝ぐせがひどい!」その寝ぐせのせいでお手入れが難しくなっているという方も多いでしょう。
もしかしたらそれは髪が完全に乾いてないまま寝ているからかもしれません。
髪を洗った後に完全に乾かしてから寝ると、寝ぐせもかなり改善されると思います。
朝のお手入れの時短にもなります。

髪を乾かすメリットその2:髪にツヤが出やすくなる

髪を完全に乾かすことでキューティクルがキレイに整い、髪に自然とツヤが出てくるようになります。
キューティクルは根本から毛先に向かってうろこのように並んでいますので、仕上げのときだけでいいので上から温風を当てるようにしてください。
これだけでも自然と髪のツヤが出やすくなりますが、最後に冷風を軽く上から当てて仕上げるとよりツヤが増します。

乾かすときのコツ

髪を乾かすときは必ず乾きにくいところから乾かすようにしましょう。
女性の場合、襟足や後頭部です。
もし朝起きたときに襟足や後頭部が絡まりやすい場合には乾かしきれていない可能性があります。
逆に、サイドの顔周りは乾きやすいので乾かし過ぎに注意が必要です。
もしサイドの顔周りが絡まりやすかったりカラーの退色が多かったりする場合には、最後に乾かしてあげるといいでしょう。
また、髪は根本→中間→毛先の順に乾かして下さい。
根本を乾かすときは頭皮に温風をあてるイメージでOKです。

ドライヤー選びにも気を付けて

髪を乾かす上で、ドライヤー選びも大切です。
ドライヤーによる乾かしすぎ(オーバードライ)を予防するためにも、ドライヤーは風力があって低温の温風が出るものが理想です。
髪がパサついたりすぐ退色したりする場合はオーバードライの可能性もあります。
当店では、髪の乾かし方はもちろん、ドライヤーの使い方なども詳しくアドバイスしておりますのでお気軽にご相談ください。

役に立ったら是非シェアお願いいたします♪

その他のホームケア情報