正しいシャンプーの選び方

優しいシャンプーを選びたいという方も多いでしょう。
その際に基準となるのが、成分表です。

成分表とは?

成分表というのは、シャンプーやトリートメントの裏側に表示されているものです。
今では全成分表示が義務付けられていますので、必ずチェックするようにしましょう。
というのも、成分表の洗浄成分をチェックすることでシャンプー選びでの失敗を回避できるのです。
ポイントを説明していきますね。

シャンプーの良し悪しは洗浄成分で決まる

シャンプーで一番大切なのは洗浄力です。
なぜかというと、洗浄成分が粗悪なものだと髪の汚れだけではなく、髪の内部の栄養分まで流出してしまう可能性があるのです。
シャンプーにどれだけ魅力的なトリートメント成分が入っていても、洗浄力が強すぎれば意味はありません。
優しいシャンプーを選びたいのであれば、洗浄成分を確認してください。
洗浄成分さえ押さえておけば、ほぼ失敗することはないでしょう。

成分表記はどう見ていけばいいの?

実は、成分表記は配合の多い順から掲載されています。
まれに水より先に洗浄成分が入っている場合もあるのですが、シャンプーでは水・洗浄成分・トリートメント成分・その他少々という順番が一般的です。
つまり、成分表記を見るときには水の次に入っている洗浄成分を確認すればだいたいの良し悪しがわかるようになっています。

注意しておきたい洗浄成分

注意しておきたい洗浄成分としては、以下のものが挙げられます。
ラウリル硫酸◯◯◯(洗浄力強い、刺激性、安価)
ラウレス硫酸◯◯◯(洗浄力強い、やや刺激性、安価)
スルホン酸◯◯◯(洗浄力強い、安価)
これらの成分が水の次に入っている場合には、まず洗浄力が強いと思っていいでしょう。
汚れだけでなく、髪の中の栄養分まで流出させてしまう可能性が高いので注意が必要です。
特に、「硫酸」という言葉がついている成分は要注意です。
ちなみに、これらの洗浄成分は安価なので市販のシャンプーに多く使用されています。
※サロン専売品でも使用しているケースがありますので注意しておいてください。

オススメの洗浄成分

逆に、おすすめの洗浄成分としては以下のものが挙げられます。
ココイルグルタミン酸◯◯◯(天然植物由来、低刺激だけど高価)
◯◯◯ベタイン(天然植物由来、ベビー用シャンプーによく用いる)
パーム核脂肪酸◯◯◯(天然植物由来、きめ細かい泡立ち)
ココイルメチルタウリン◯◯◯(天然植物由来、毛髪保護作用)
※◯○○の部分にはTEAやDEA、コカミドなどいろいろな名称が入ります
これらの成分が水の次に入っている場合には、とても優しいシャンプーだと判断できます。
栄養分の流出の可能性も低いでしょう。
ただし、組み合わせによっては洗浄力が強くなったり、泡立ちが悪かったりすることもありますので注意しておいてください。

話題になったノンシリコンシャンプーについて

少し前になりますが、ノンシリコンシャンプーが話題になりました。
ただ、必ずしも「ノンシリコン=髪にいいシャンプー」というわけではありません。

もともとシリコンというのは髪を滑らかにするコーティング成分で、安全性が保証されている成分でもあります。
例えば、シリコンは医療用のチューブや調理器具、美容整形などにも使用されていますが、それは人体に安全だからです。

では、なぜシリコンをシャンプーに使用する必要があったのでしょうか?
それは洗浄力の強いシャンプーでは、シリコンで滑らかにしないと髪がギシギシになってしまうからです。
つまり、シリコンが入っているシャンプーは洗浄力の強いシャンプーと考えていいでしょう。
シリコンが入っていれば確かに髪はある程度滑らかになりますが、強い洗浄力のせいで髪の栄養分は流出してしまいます。
これが、シリコンシャンプーが悪いとされる理由です。
一方で、洗浄力が優しいシャンプーは洗浄成分やトリートメント成分だけで髪が滑らかになりますので、シリコンを入れる必要がありません。
これがノンシリコンシャンプーが髪にいいとされる理由です。

ただ、最近では洗浄力の強いシャンプーにあえてシリコンを使わずにノンシリコンシャンプーとして販売するメーカーが増えています。
「ノンシリコンシャンプーだとギシギシになる」というのは、こういったところに原因があるのです。
洗浄力の強いシャンプーからシリコンを抜いただけでは、本当の意味でのノンシリコンシャンプーにはなりません。
こういった似非ノンシリコンシャンプーは成分表を見ると「硫酸系」が入っていることがほとんどです。
そういった商品に惑わされないように正しい知識を身につけて、自分の髪を守っていきましょう。

ちなみに、当店のシャンプーはすべて天然植物由来の洗浄成分でノンシリコンです。
本当の意味でのノンシリコンシャンプーをご提供しておりますので、ご興味がありましたらお気軽にお声かけください。

役に立ったら是非シェアお願いいたします♪

その他のホームケア情報